滝川裕三氏あらわる

b0032001_8251371.jpg
       
           にこやかな滝川裕三さん


***滝川裕三氏あらわる***

とうとう最終練習日
明日はライブ、プロの方々をバックに演奏だ。
紙ひこうきのマスターは明日のライブを「発表会」といってた。
まさに小学生が一生懸命練習して発表に臨むようなもの。
的確な表現かも。

練習中、突如、滝川裕三氏が現れた。札幌で活躍してらっしゃるプロギタリスト。
リハの帰りでよってみたと言う事で、われわれの練習を気に留めてくださってた!
われわれにとって幸せな事です。明日は宜しくお願いいたします。

Hg先生の提案で、われわれの練習成果を聞いていただいた。
褒めていただいた。
良かった。

滝川氏、熱が入ってきた。練習の仕方を教えてくれたのである。
メトロノームの活用法である。

「メトロノームを使っての練習はつまらないので皆、使うのを やめてしまう。」
「やり続ければ必ずリズム感がよくなる。」
「2ヶ月3ヶ月では結果が出ないけど、やり続ければ必ずリズム感が良くなる。」

メトロノーム活用法

①楽曲の半分のテンポに設定する。

②カチ、カチの音を2拍目、
         4拍目において演奏練習

③はじめはすごくやりずらいしつまらない
         
      、
止めず続ける

④そうするとある時から楽しくなる
          →リズム感が向上している
   自分の体のなかにメトロノームが出来上がる

➄結果、スウィングして演奏できる
         音楽がもっと楽しくなる

    

明日のスーパーライブが終わったら12月に向けてこの方法で練習するぞ!

滝川さん、ありがとうございました。
いつもながら親切丁寧に心をこめて教えてくださるHg先生
ありがとうございました。
[PR]
by saxboss | 2005-10-06 23:31 | サックス


<< 生きていてよかったっ! 昨夜 Jazz Babies ... >>