カテゴリ:サックス( 19 )

サックスの部品が取れた

どうしよう、修理だ
近所に修理するところがあって良かった
[PR]
by saxboss | 2010-09-21 07:19 | サックス

Charlie Parker

Sumertime


[PR]
by saxboss | 2008-09-29 09:17 | サックス

転向?Musician

鍵盤をテナーサックスに持ち替えて転向しそうなYutaka君
ばっちりテナーの持つ姿きまってます、ジャケットもビッシときまってる
Yutaka君はキーボード奏者、ピアニストとして札幌市内のライブで活躍中
b0032001_23475020.jpg

テナーを膝でささえているのもキマッテル~~~
b0032001_23475715.jpg


ドラマーのMr.Iwamaもスティックをアルトサックスに持ち替えて転向検討中
Mr.IwamaはBand Wagonのドラムスで活躍していらっしゃいます。
今日はとっても軽妙なユーモラスなトークを聞かせてもらえました。
b0032001_23481312.jpg

恍惚の世界にはいってます、サックに転向すること間違いなし
b0032001_23482068.jpg

[PR]
by saxboss | 2006-01-19 23:48 | サックス

今夜の練習

今夜のライブハウス「紙ひこうき」での練習の公開。
12月24日のライブに向けてブルース2曲練習。
初心者にとってけっこう難しい「tenor madness」
アドリブできることが目標でやってます。

左奥三人はプロミュージシャン。
プロ三人の前で演奏、アドリブ練習までしちゃいました。
b0032001_23574514.jpg

マジに練習
b0032001_23583568.jpg

ゆう君ベースの練習、教えてもらってます。
b0032001_23585174.jpg

HgWfさんもアコースティックのカッコいいギターで参加
b0032001_2359341.jpg

日暮先生、教えるのが抜群にうまい、システィマチックに勉強させてくれます。
b0032001_23594072.jpg

もちろん楽しく大笑いの連続。真ん中の黒のスーツの方、ブラシスティックでリズムを刻んでくれました。
b0032001_013079.jpg

練習者4名、先生1名、プロミュージシャン3名、見学兼参加者3名 大勢きてくれました。
楽しかった!!

写真撮影はNT嬢です。今日も初めてのデジカメで撮影。
NTさん、どうもありがと~(^_^) 

CANON IXY DIGITAL 55
[PR]
by saxboss | 2005-11-16 23:57 | サックス

びっくり、神戸にもサックスおじさんがいました。

北野町  風見鶏の館

clairさ~ん、神戸にもサックスおじさんがいました。
それも上半身裸でサスベンダー姿、ハンチングをかぶり小太り。
どうも同じ人物らしいです。神出鬼没。北は北海道、南は神戸まであちらこちらでサックス吹いているみたいです。

どうも福井県にも現れるみたいです。

clariさんどうもありがとう、福井県にいってきました。
いましたいました。サックスおじさん、帽子かぶらず上半身裸でサスペンダー。
[PR]
by saxboss | 2005-11-15 09:19 | サックス

ぉおぉお~~サックスのおじさん

ぉおぉお~~
(裏拍にアクセントがあってシンコペーションしてスイングしてるところを表現しました。)


苫小牧市民はモニュメントがお好き?
苫小牧市民文化公園とうところにベンチに座ってサックスを吹くおじさんの彫刻が。
Clairさんの写真ブログに投稿されています。
ジャズ、サックス系のかたご覧ください。
Clairさん、こんなに素敵な写真をありがとうございます。


ここからおじさんの独り言
「わたしゃ、年中ここに座ってサックス吹いてるのヨョ
座りっぱなしなもんで腰も痛くなるし、
一人じゃj寂しいのでたまには誰かと一緒にセッションしたいんじゃが!
お~~い、だれか物好きはおらんかね~。」

感動もの、うれしい~~。
こんなことで喜んでるとは………情けない気もするけど………
おじさーん、あいにゆきますからっ。


調べました 所在地
       (苫小牧市都市建設部 緑地公園課 のWEBより引用)
苫小牧市 市民文化公園
紹介
 当公園は、昭和48年に苫小牧市が開基100年を迎えたことを、記念し、「市民の森」として、市街地中心部に計画されたものです。
 水と緑と太陽を公園のテーマに、四季を通じて文化、レクリェーションの利用を中心として、人と人との”出会い” ”ふれあい”が生まれ、社会教育、健康づくりの場となることを目的に、豊富な緑と文化施設を連携させた、都市のオアシスを目指しています。
 昭和54年に建設省よりカルチャーパーク  (文化公園)の指定を受け、道内初の文化公園として昭和58年度より建設に着手しています。
種別    総合公園
面積    10.2ha
所在地  苫小牧市末広町3丁目
主要施設 中央広場、多目的広場、池、滝、噴水、遊水路、彫刻の路、サンガーデン、博物館、埋蔵文化財センター、図書館、駐車場
[PR]
by saxboss | 2005-11-03 11:18 | サックス

楽しい練習

今日のジャズサックス練習
now the time のカラオケCDをバックに
①前回の復習
②コードトーンを一小節4音
③コードにあうスケールを各一小節づつ
それをみんなでまわす。
今日はひぐらし先生の奥様もギター持参で参加してくださって一段と盛り上がり!
もちろんNTさんも山岸さんも参加。よりいっそういっそう楽しいものになりました。



練習も楽しい
b0032001_2317856.jpg


まじめに練習b0032001_2318955.jpg

                                           









やっぱり楽しい


b0032001_23185748.jpg









b0032001_23213442.jpg



写真は一眼レフ初体験のNTさん。
設定がブレ易くなっていてNTさんごめんなさい。
オートになってなかった。
でも、ブレていて良かった、はっきり見えないほうがいいこともありますもんね。
NTさんの写真の腕前はなかなかのものです。
公開を進めたのですが、ンーーンーー、残念。
NTさ~~ん、今回もシャッターチャンス逃してませんョー。

NTさんの差し入れ 美味しかったです。ありがとうございます。
b0032001_23424150.jpg


マスターのリンゴのマジックb0032001_23441363.jpg




そしてこうなった
b0032001_23444767.jpg

[PR]
by saxboss | 2005-11-02 23:15 | サックス

アドリブ練習

さーぁ、アドリブ練習だ

ひぐらし先生に教わった事、ま と め。

"now the time"のアドリブを目指してサックス基礎練習。

10月19日
・コードにあわせて一小節⇒全音符で一音を選ぶ
・12小節でなるべく音の動きがないようにコードトーンを選んで楽譜に書く
・カラオケCDで演奏
・つまり12小節で12音を吹くことになる

10月26日
・"now the time"の演奏練習
・前回の楽譜を見ながら前回同様12小節吹く(カラオケCDをバックに)
・今度は自由に12小節吹く(カラオケCDをバックに)
・ひぐらし先生、マスター、Charlie の3人でに4小節ずつアドリブ的掛け合い
・マスター、Charlie の二人で4小節づつのアドリブ的演奏の掛け合い

楽しかった!!!
NT嬢も見学に来てくださってより楽しかったです。練習に花が咲きました。
ひぐらし先生も「楽しかった!」と今回の練習で始めて言ってらっしゃった。
ん~~~、これは美しい花が咲いていたからかな。
ん~~~、それともアドリブの掛け合いが楽しかったのかな?
疑問じゃ。
マスターもぶっちぎりではじけてアドリブしてました。音がのびのびしてたョ。
初心者でもアドリブ的演奏楽しめます。
(飲めば飲むほどに楽しくなります(^^;)

ひぐらし先生、いつもお忙しい中、教えてくださってありがと~~~ございます。
感謝感謝感謝です。
今度の水曜日が楽しみっす。
次回は正しいアドリブの練習です。

b0032001_1536921.jpg




練習風景 和やかに    NTさん撮影♬♫
b0032001_16321150.jpg




b0032001_19264536.jpg
[PR]
by saxboss | 2005-10-30 00:48 | サックス

アルトサックスの消音器


アルトサックスの消音器が発売されるそうだ。
面白そう

b0032001_0571388.jpg


こんな電子モジュールがついてる消音器ってどんなんだろう、興味津々
b0032001_0593278.jpg

[PR]
by saxboss | 2005-10-25 00:51 | サックス

滝川裕三氏あらわる

b0032001_8251371.jpg
       
           にこやかな滝川裕三さん


***滝川裕三氏あらわる***

とうとう最終練習日
明日はライブ、プロの方々をバックに演奏だ。
紙ひこうきのマスターは明日のライブを「発表会」といってた。
まさに小学生が一生懸命練習して発表に臨むようなもの。
的確な表現かも。

練習中、突如、滝川裕三氏が現れた。札幌で活躍してらっしゃるプロギタリスト。
リハの帰りでよってみたと言う事で、われわれの練習を気に留めてくださってた!
われわれにとって幸せな事です。明日は宜しくお願いいたします。

Hg先生の提案で、われわれの練習成果を聞いていただいた。
褒めていただいた。
良かった。

滝川氏、熱が入ってきた。練習の仕方を教えてくれたのである。
メトロノームの活用法である。

「メトロノームを使っての練習はつまらないので皆、使うのを やめてしまう。」
「やり続ければ必ずリズム感がよくなる。」
「2ヶ月3ヶ月では結果が出ないけど、やり続ければ必ずリズム感が良くなる。」

メトロノーム活用法

①楽曲の半分のテンポに設定する。

②カチ、カチの音を2拍目、
         4拍目において演奏練習

③はじめはすごくやりずらいしつまらない
         
      、
止めず続ける

④そうするとある時から楽しくなる
          →リズム感が向上している
   自分の体のなかにメトロノームが出来上がる

➄結果、スウィングして演奏できる
         音楽がもっと楽しくなる

    

明日のスーパーライブが終わったら12月に向けてこの方法で練習するぞ!

滝川さん、ありがとうございました。
いつもながら親切丁寧に心をこめて教えてくださるHg先生
ありがとうございました。
[PR]
by saxboss | 2005-10-06 23:31 | サックス